「逆張り」はダメ?「順張り」だけできればいい?

メインビジュアル

FXでは逆張りは危険だから、やめたほうがいいとどこかで聞いたことありませんか?いえ、見たことありませんか?その答えは、イエスかノーで答えなさいといわれれば、「イエス」と答えます。

ちなみに、逆張りとは現在のトレンドと反対のほうの玉を持つことです。たとえば、下降トレンド中なのに「ロング(買い)」ポジションを持つこととか、上昇トレンド中なのに「ショート(売り)」ポジションを持つことです。

ついでに、順張りも説明しておきます。順張りはトレンドに乗った売買をすることです。上昇トレンドであれば、押し目が来た時にロング、下降トレンドでは戻り売りが来た時にショートのポジションを持つことです。

基本的に、プロのトレーダー、あるいはそれに準ずる実績のある方は順張りも逆張りもできるでしょう。もちろん、得意苦手、好き嫌いはあるでしょう。必要がないので、逆張りは滅多にしないという方もいるはずです。

ちなみに、筆者はトレードの半分は逆張りのような感じです。では逆張りのメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。

最近、バイナリーオプションのテクニカル分析学ぶ人が増えていますが
バイナリーオプションテクニカル分析入門に関してはこちらのコンテンツがお勧めとなります

バイナリーオプションを攻略するテクニカル分析方法

バイナリーオプションはFXで言うところの損切りが存在しないのでテクニカル分析手法も若干調整が必要となります。


逆張りのデメリット

逆張りのデメリットは、そろそろ流れが変わって反転すると仮定してエントリーしたのに、なかなか反転してくれなくて大きな損失を抱えてしまうことです。

または、反転したと思ってエントリーしたけれど、ショートカバー後、また勢いよく下げてしまって大きな損失を抱えてしまうことです。

逆張りは「反転する」という仮定のもとでエントリーするわけですから、反転しなければ読みが外れたということで、どうするか選択しなければいけません。この場合、資金の大きさとか、相場経験がどのくらいあるかなどによって、答えは違ってくるでしょう。

ちなみに、四択になります。あなたはどの方法をえらぶでしょうか?

  • 「損切り」をする
  • 「我慢」して反転するまで持ち続ける
  • 「ナンピン」する
  • 「両建て」にする

これらの選択のうち、リスクの高い「ナンピン」する方法と、「両建て」する方法についてお話ししましょう。

ナンピンについての考え方

絶対にナンピンはしないという方も少なくないようです。筆者の場合は、状況によって、これらの4の中から選びます。筆者自身ナンピンはします。ナンピンという考えよりも、「分けて買う」という考え方で、いわゆる3段階くらいまでナンピンをします。

ナンピンは、うまくいけばおいしい思いもできますが、ずっと逆行が続いてしまうこともあります。その場合、損失がどんどん大きくなっていくと、身動きができなくなりますので、時間と資金を無駄にしてしまいます。

筆者の場合、ナンピンをした物は少しずつ損切りします。全部はしません。ナンピン分の損切りをする順番はきめていません。その時の損失の大きさによって、最も含み損が多い玉を損切りするか、最も含み損が少ない玉を損切りするかを決めます。

ナンピンがうまくいって、その後反転したら、玉が多い分、利益も大きくなる可能性もありますね。かなり心臓には悪いですが。

両建てにする

両建てという方法も好き嫌いが多い方法です。絶対にしないという人もいますし、手法のひとつとして、両建てをする人も少なくありません。「反対玉を入れる」とか「逆玉を入れる」という言い方をする方もいますが、これは両建てをするという意味です。

両建ては買いと売りの両方がある状態ですが、うまくいけば、両方で利益を出せることがあります。

しかし、自分が両建てにしたとたん、反転することもあります。この場合、両建てにしたほうをすぐに切ってしまうと、なんと切ったとたんに、反転したと思ったものが反転しなかったという場合もあります。もう少し、切るのを待てばよかったわけです。

両建ては保険、と考えたらよいでしょう。反対玉を同じ分量入れれば、それ以上の損失は少なくすることができます。しかし、保険ですから、少しお金を払うものだと思っておけばよいでしょう。

両建てはどちらかを外すのが難しいです。

逆張りのメリット

1.頭から尻尾まで食べることができる♪

頭と尻尾はくれてやれ」という相場の格言があります。しかし、「頭のてっぺんから尻尾のさきまでいただきたい」という方もいるでしょう。これを実現するには逆張りをする必要があります。うまくいけば、頭から尻尾までひとり占めできちゃいます♪

うまく反転してくれたのならば、そのままずっと保持しているだけで、大きく稼げます。しかし、トレンドは数時間では大抵終わりません。利益を確定するまでずっと見ているわけにはいきません。

このような時、少しでも利益を大きく取るための方法は次の三択でしょう。

  1. OCO注文の指値と逆指値の位置をずらしていく
  2. 適当なところで利確し、またエントリーをするという行為を繰り返す
  3. トレール注文をする

では、これらの選択について、考えてみましょう♪

OCOの逆指値の位置をずらす

多くの経験豊富で、上手なトレーダーが行っている方法でしょう。OCOというのは指値と逆指値の2つの値を設定できる便利な注文方法です。

利益が乗っていくと、その利益を少しでも確実にもらうために、指値と逆指値をずらしていきます。中には指値の数字は初めから、最終目標とする値を入れてしまう方もいるかもしれません。

しかし、確実に利益をモノにしたいのであれば、あまりにも遠いところに指値、利確の値を入れておくということは、効率的にはよくないかもしれません。

悪いニュースなどがあり、それが原因で為替の流れがガラッと変わってしまうこともあります。せっかく利が乗っていたのに、いきなりマイナスになってしまうことだってありえます。

その辺は個人の判断にお任せしましょう。ただし、逆指値の値は少しずつ、利益がおおきくなるように動かしていきましょう。この逆指値を動かすことを「手動トレール」などと呼んだりする人もいますね。

適当なところで利確し、またエントリーをするという行為を繰り返す

OCOの位置をずらしていくという方法よりも効率が悪いです。けれど、自信のない人や、時々相場を見て注文をしたり、注文の訂正をしたりできる人はこちらのほうが安心できるしょう。うまく波に乗れれば、最も稼げるかもしれません。

トレール注文をする

トレール注文は使ったことがある方は少ないかもしれません。その理由として、トレール注文ができるFX業者はあまり多くないのです。どんな注文かわからない方のために簡単にいいますと、逆指値に値幅をつけられる注文です。

少しでも利益を大きく、というよりも損失を少なくするために、とても便利な注文方法なのです。

ただし、トレンドがしっかりと出ている時に有利になる注文方法です。トレンドが出ていないボックス相場の時にはOCO注文にするとよいでしょう。

もしも、この注文ができるFX業者を利用しているのであれば、是非試してみましょう。日中は仕事をしていて、夜は家族がいて、なかなか落ち着いてFXの相場を監視できないという方にはとてもおススメです。

このトレール注文は、そのFX業者によって違いがあるようです。基本的な使い方はFX業者の説明をよく読んで確認しましょう。

一般的には新規注文にも、決算注文にもトレール注文はできます。ここでは、逆張りをして買ったドル円112.500の決算注文にトレールを使ってみるという想定でお話ししますね。

112.500の50銭下にトレールをつける。この時点では112.000にトレールがある

すごく順調に112.600まで伸びたとすると、トレールはその50銭下の112,100にある

しかし112.600からレートがさがり、112.400までおちたとする。そうすると、50銭の値幅がなくなった時点で、トレールはそのまま止まる。要するに、112.100にトレールは動かないで残っている

しかし、またドル円は112.700まで上がったとする。すると、トレールは112.200についてきている。50銭の幅ができたら、また50銭差で後をついてきてくれる。ずっとそのようについてきてくれるので、とても助かる♪

ただし50銭差がなくなったら、トレールはまた止まり、その後、ずっと50銭以上の差がつかないで、どんどん落ちてきて、トレールの数字と同じになったところで決算される

いかがですか?トレール注文、とても便利ですよね!トレンド出ている相場ならば、是非、このトレールを使いこなしてみましょう!

2.損切りの値を決めやすい

逆張りで、トレンドが転換したところから通貨ペアを保持すると、損切りの値が決めやすいですし、その損切りも小さくて済むというメリットがあります。ですから、多くのプロも、このトレンドが転換した位置で建玉を持ちたいことでしょう。

何と言っても頭のてっぺんから尻尾の先までいただける可能性が高いですから、やっぱり魅力的ではあるでしょう。

2017年2月19日(土曜日)のチャート 画像

まず、これはポンド円の5分足です。2017年2月19日(土曜日)のチャートです。日本人は眠っている時間でしょう。

ポンド円は値動きがとても激しいです。プロでトレードをしている人が多いとか。筆者は滅多にポンド円はトレードしません。自信があるパターンになった時に、最小ロットでストップロスをしっかりと入れて、トレードをすることはあります。

丸で囲った1と2に注目。クロスしている。落ちるサインではある。というか落ち始めているサイン。次に、ローソク足に注目。左上の赤いローソク足には長めの上ヒゲができている

Q:天井圏で、長めの上ヒゲをつけるということは?

A:落ちていく可能性が高いということですね。「売りシグナル」の可能性が高いということです。

ローソク足はボリンジャーバンドの+3αにヒゲが当たっている!頭のてっぺんから尻尾の先までいただけるかも!

要するに、筆者にはここは「ショート(売り)」のポイントとなります。筆者はドル円の時には成行でエントリーするのですが、ポンド円の場合、成行売買はしません。初めから「IFDOCO」でエントリーします。リスクをできるだけ低くするためです。

ここで「ショート(売り)」でエントリー。ストップロス(損切りのポイント)は赤いローソク足の上ヒゲのてっぺんよりも高い位置に置きます。要するに、直近の高値よりも高い位置に逆指値(損切りのポイント)を置く、ということ!これ大切です。

画像では赤い上髭が出ているローソクの上に黄色いプツプツとした点を描いておきましたが、その辺に逆指値を置いておくということです。同じようにした人は結構いるでしょう。

Q:IFDOCOとは?

A:もしも、このレートでの注文が通ったら、同時に決済のためのOCO注文も出す、という自動売買な注文です♪見ていなくても、勝手に注文して決済までしてくれるので、あまり相場を監視できないひと向きの注文方法♪

しかし3と4を見ると、3はクロスしたのか重なったのかという感じ。4はキレイではないが、ゴールデンクロスしている……。

その時点でローソク足を見ると、「ボリンジャーバントの基準線の上で陽線ができてしまっている。これはひょっとしたら、「押し目買い」のポイントになるかもしれないと考える。筆者の場合は、ここで利確してしまいます。

強者はここでは利確などせず、ストップロスの位置をずらしてきているでしょう。建て値と同じ値まで逆指値を降ろしてきているか、人によってはもっと下に逆指値を移動させ、少しでも利益を確実に取れるようにしているかも!

相場を監視できない社会人の中には、トレール注文を出している人もいるかもしれません。少しでも利益を積み重ねたいと思ったら、FXには豊富にある注文の仕方を覚え、使えるようになりましょう!

難しいかもしれない、そしてあてになるかどうかもわからないテクニカルを覚えるよりも、この注文の仕方を完璧に覚えたほうが利益を積み重ねていけるかも!

さらに、その様々な注文をスマホからでも使いこなせるほうが、はるかに利益が伸ばせるようになる可能性が高そうです。

チャート 画像

さて、この「売りのトレード」、最初の段階ではストップロスは140.490よりも上に置いておくというのが一般的です。上の画像の高値というところの数字は140.465です。ボリンジャーバントの+3αは140.477です。

それを見て、損失を小さく抑えるには、140.480以上にストップロスを置いておくのがよいわけです。ただし、140.480ではちょっとぎりぎり過ぎるから、ということで140.490くらいから上に置いておくわけです。

ちなみに、140.500のストップロスを置いておいたとしましょう。そして、そのまま放置していたとすると?

2つ上の画像を見てください。黄色いプツプツのあるところが、多くの人が最初、そこにストップロスを置いたであろう位置です。この日は土曜日で、朝2時くらいです。そう、相場はもう数時間で週末の休みになります。

というか、筆者がこの記事を執筆しているのは日曜日です。さて、2つ上の画像を見ていただけましたか?140.500でストップを放置していたとしても今のところ平気ですね。そう、もしも、そのまま放置していたら現時点ではとても儲かっていますね?

ただし!
明日は月曜日です。どんなふうに相場はスタートするのでしょうか?筆者であれば、週を超えて持ち越さなかったと思います。筆者は週越えで玉を保持するということは滅多にしません。さて、どうなるでしょうか、楽しみですね。