スマホトレードのススメ

Home > スマホトレードのススメ

メインビジュアル

これからはやっぱりスマホトレードをサクサクやれたら最高ですね!株でも、FXでも、BO(バイナリーオプション)でも、その他の投資でも、スマホでガンガン取引できたら、とても楽しくなります。

いつでもどこにいても、チャンスが訪れた時にはすぐに参戦できるのはとても魅力的です。パソコンの前にほとんどいられなくてもトレードできるので、他の仕事をしながら、相場に参戦できます。うまくいけば、お小遣い以上の収入を得られる可能性も十分にあります。

筆者は最近、スマホでトレードすることが多いです。パソコンでチャートを開いている時も多いのですが、そのチャートを見ながら、注文はスマホでしたりもします。スマホ利用者は、スマホトレードも戸惑うことなくできるように、馴染んでおくとよいですよ!

スマホトレードを上手にできれば、ちょっと暇な時間ができた時とか、含み損が気になっている時など、とっさのトレードができて便利です。

では、具体的にスマホトレードが便利だからとおススメする理由をたくさん画像と共にご紹介します。

朝、トレードの流れを何となく把握するのに便利

毎日まとまった時間、じっくりとパソコンに向かってチャートを見て自分なりにトレード戦略を建てられれない人はスマホを使いこなしましょう!筆者はこのように、スマホを使います。

朝、自分が取引することのある通貨ペアの日足を見る♪毎朝の日課♪

FXチャート(楽天FX Android アプリから)

前日にトレードをしなかったりチャートをみなかったりした人は、朝のうちにチャートを見ておくことをおススメします。

日本時間深夜から朝方にかけてはニューヨーク市場がオープンしています。相場は結構動いていたりします。朝起きた時、寝る前と同じくらいのレートだからとチャートは見なくていい、なんて思っていると、実は笑えることが起きていることが多々あります。

昼くらいになって、深夜のうちに約定メールが来ていたことに気がついてびっくりすることがあります。「えっ?約定?」と思ってみてみたら損切りされていたりします。慌ててチャートを見てみたら、見事なV字チャートになっていたりしたことがありました。

利確していれば大喜びですが、かなり遠く離しておいた逆指値が約定していたこともあります。そう、損切りされていたわけですね。日本人が寝ている間に海外の方はトレードをしていますので、要注意ですね。

どんどん短い時間のチャートを見ていく♪

FXチャート(楽天FX Android アプリから)

筆者は日足、4時間足、1時間足、15分足、5分足をざっと見ます。よほど忙しくない限り、毎朝、スマホで、布団の中にいる時に見ているので、ざっとOKです。日課です♪ちなみに、トレード中にメインで見ているのは5分足です。

ごくごくたまに月足なども見る

FXチャート(楽天FX Android アプリから)

スキャルピングがメインの筆者に月足を見る必要はないだろうと言われれば、あまり強気で否定はできません。しかし、時々、月足も見ます。筆者は絶対にスキャルピングしかしないわけではないのです。

実は小さな単位で、スウィングもします。それに、常に自分にとって効率のよいトレード方法は模索し続けていますので、長い足のチャートも見ます。そのほうが、全体的な流れもつかみやすいですから。

ずっと5分足などを見ていて、月足を見てみる前には月足はどうなっているか頭の中でチャートを描いてから見ます。その想像していたチャートと、実際のチャートがかなり違うことが多いです。

このように、毎朝、スマホで自分の取引することのあるチャートは見ています。筆者の場合、トレードをしない日もけっこうあるのですが、とりあえずチャートはチェックしています。トレンドを何となくでも感じ取っていれば、迷った時の判断にも役立つ可能性も高いです。

チャートを開いているFX業者以外の口座を使うことも多いから

FXチャート

朝の時間帯や指標の時は、スプレッドが大きく開く業者も多いです。そんな時は、スプレッドがあまり開いていないFX業者でトレードをしたいですよね。チャートはパソコンで開いて、オーダーはスマホからする、というのは結構オススメだったりします。

ただし、FX業者によって、スプレッドも違えば、レートも違いますので、ぎりぎりな感じの指値注文はうまくいかないかもしれません。成行(ストリーミング)注文が多い方ですと、スマホトレードはとてもしやすいでしょう。

実はスマホアプリが見やすく美しいFX業者もあるから

SBI チャート(SBI FX TRADEのアプリから)

実はパソコンのほうではあまり使いやすくないと感じるFX業者でも、スマホアプリは最高に見やすく、美しく、わかりやすく、使いやすいという場合もあります。スマホ利用者は、利用してみたいFX業者のスマホアプリもチェックしてみましょう♪

ただし注意!

注意することがあります。パソコンでチャートを開いているFX業者にもう1台の端末でログインすると、先に開いているほうが自動的にログアウトしてしまうFX業者が多いです。その数や割合はわかりません。

複数のFX業者の口座を持っている方は全て試して、その状態を知っておくと、緊急の際に役に立つかもしれません。

SBI チャート

実はスマホのほうがトレードしやすいと感じる場合もある

FX業者のスマホアプリにもよるのでしょうが、筆者のように成行注文(ストリーミング注文と呼ぶ業者もある)の場合、スマホでもデメリットはあまり感じません。マウスに手を当てて、クリックするよりも、スマホで注文したほうがはやい時もあります。

ただし、一度に複数ペアの取引をする方の場合、スマホトレードでは使いにくいかもしれませんね。

MT4のスマホアプリではデモもできる!

MT4は大人気のトレーディングツールです。FXだけでなく、仮想通貨の取引所でもMT4を利用している所もあるようです。もちろん、スマホアプリもあります。MT4を採用しているFX業者は増えていますので、そこに口座を作るのが手っ取り早いですね。

もしも、新しく口座を作ろうと今は思っていないけれど、MT4はパソコン版もスマホ版もほしいという方は、外国為替証拠金取引の為のMetaTrader 4プラットフォームからダウンロードして、インストールしましょう。

ちなみに、Android版のMT4はこんな感じです。動きはサクサクという感じです。

SBI チャート

いつの間にかスマホで注文しないように要注意

トレード大好きな著者のですが、スマホの注文画面を開いたまま、そのスマホに電話が入ったとかLINEやSkypeが入ったりすることもあるわけです。または、急用ができてトレードを少しの間、中止しなければならない時もあるわけです。

そんな時、気をつけないといけないのは、いつの間にか注文ボタンに自分で触れてしまってなんと注文が通っていた時がありました。これに、しばらく気がつかず、いきなりマイナス3万円くらいになっていてびっくりとした記憶があります。

急にスマホトレードができなくなった時は、ポケットなどにスマホをぽいっと入れることもあるでしょうけれど、間違って注文をしてしまうことができないようにしてくださいね!

犬の肉球でもスマホは反応するので要注意!

これ、知っていましたか?犬の肉球でも余裕でスマホは反応します。多分、でも反応するでしょうね。

はい、筆者の犬は勝手にFXしていました。ベッドの上にチャートを開いたままのタブレット端末を置いて、ちょっとトイレに行っていた間に、愛犬が注文をしたようです。

犬は特にご主人様の持ち物が好きですよね?家の愛犬は筆者のスマホやタブレットが置いてあれば、必ず、その上に鼻を乗せて寝ます。その時に、注文ボタンのところに触れてしまったのでしょうね

その後、愛犬の肉球で実際に実験してみたら、タッチパネルは余裕で反応するではありませんか。びっくりしました。注意してくださいね。是非、ご自宅の愛猫、愛犬で試してみてくださいね♪

あまりたくさんのインジケーターを見ると混乱する

勉強熱心な人はたくさんのインジケーターの使い方をそれはそれは詳しく勉強したりすることもあるのでしょう。勉強することは悪いことではないのですが、あまりにもたくさんのインジケーターを見ると混乱してしまいます。

学者さんになるわけではないのですから、ある程度覚えたら、頭だけでなく実践に入りましょう!

まとめ

ひと昔前はトレードというと、個人のトレーダーであってもモニターを6台とか8台とか並べてトレードしている姿が一般的だったでしょう。もちろん、今も専業トレーダーではそういう方も多いはずです。モニター1面だけでトレードする人は多くないでしょう。

しかし、スマホやタブレット端末などを使ってトレードする人も増えてきているはずです。特に若い世代の初心者トレーダーさんたちは、スマホトレードから始める方もいるでしょう。

スマホのアプリもかなり使いやすい物の増えてきています。複数の通貨ペアや銘柄を扱わないのであれば、スマホでも充分にトレードができます。

是非、相性のよいスマホアプリを見つけ、いつでも、どこからでも、トレードができるようにしておくと、楽しいことがきっと増えますよ!